経済小説イチケンブログ

経済小説案内人が切り開く経済小説の世界

2020-01-14から1日間の記事一覧

『最後の相場師』 - 相場師から機関投資家・大衆投資家へという流れの中で

「株を扱った作品」の第二弾は、津本陽『最後の相場師』(角川文庫、2007年)です。主人公である佐久間平蔵のモデルは、是銀こと、是川銀蔵。彼の自叙伝(『相場師一代』。原題は、『自伝波乱を生きる』1991年)を読むと、挫折と再起を何度も繰り返し、激動…