経済小説イチケンブログ

経済小説案内人が切り開く経済小説の世界

2021-12-28から1日間の記事一覧

『金曜日の本屋さん』 - 「読みたい本が見つかる本屋」とは? 

「書店を扱った作品」の第二弾は、名取佐和子『金曜日の本屋さん』(ハルキ文庫、2016年)です。北関東の小さな駅の中にあり、喫茶コーナーと巨大な地下倉庫を有している書店「金曜堂」。そこを舞台に、底抜けに明るい店長の南槇乃、ド派手な服装と態度のオ…